2014.08.20 Wednesday 

no.174 奥原硝子製造所のクリアガラス





奥原硝子製造所から、欠品していたクリアのピッチャーや、ワイングラス、パフェグラスが再入荷しました。リサイクルガラス特有の無骨な雰囲気、吹きガラスによる、ゆらぎが美しいです。検品中も見とれてばっかりでした。

Clear Glasswares (pitcher , wine glass ,parfait glass )was restocked from Okuhara glass factory.
Simple recycled glass and Fluctuation of blown glass are beautiful .
I was just admiring also during inspection.

沖縄の琉球ガラスは本来、リサイクルして作られいてるものでした。廃瓶やガラスを再利用する。
砕いて溶解したガラスを職人さんがひとつひとつ吹いて作る吹きガラスの製法です。
リサイクルガラスだから、不純物や意図しない気泡も多く含まれ、かえってそれがアンティーク(ブロカントのほうが近いかな)のグラスのような雰囲気のある製品になります。
そして、その質感が一番わかるのがクリアのタイプ。
材料が限られ、年々生産量が減っているのもこのクリアのガラスなのです。

奥原硝子の製品が好きなのは無骨な雰囲気が残っているところ。男っぽいのです。
厚みがあって、シンプルで、でもそれでいてあたたかみがある。
多少雑に扱ってもいいよという感じなのだ。
同じ10個を並べても、それぞれに個性がある。
あーいいなぁ。かっこいいなぁ。と、眺めていると毎回検品に時間がかかってしまうのです。


 

 




2014.06.01 Sunday 

no.162 梅雨の夕暮れ



今日も梅雨模様。
それでも気温が低くまとわりつくような湿度はあまり感じられず過ごしやすい。
少しづつ日が長くなってきたこの頃、暗くなり始めるのは18時過ぎ。
暮れていくのに伴って電球のオレンジ色がより濃くなってくる時間だ。
店は昼と違う表情を見せはじめる。


*


CALEND OKINAWAさんで毎月連載しているコラム、今月は芝原雪子さんの作るピッチャーについて。
素朴で品のある佇まいがとても好きなのです。
自分用にもひとつ欲しいなと思っていたけれど決めかねている間に完売してしまった。
なので次回を待つとします。
待つのも楽しいうちと思う。


芝原雪子さんのピッチャー - CALEND OKINAWA
http://calend-okinawa.com/interior/miyagiya/pitcher201405.html

過去の記事はこちらから。
ESSENCE OF MODE / CALEND OKINAWA
 




2014.05.16 Friday 

no.161 seven days MASH-UP store in hankyu umeda honten 2014



4/22
朝、少し早めに那覇空港に向かう。
空港に向かうモノレールからの風景が好きだ。
毎回写真を撮ってしまう。

出発までの間、ビールを飲みながら村上春樹の新刊を読む。
短編集だから出張中の読書にちょうどよい。
空港の書店で買ったのだけれど、棚に無くて聞いたら、「今日届いたばかりなのよね」と裏から持ってきてくれた。
沖縄は雑誌も書籍も本土より数日遅い。



2時間程度で無事、関空へ到着。
ここからJRで大阪駅まで向かいます。
関空から大阪へはいくつかの経路がありますが、今回は乗り換え無しで行けるJRを選択。



仕事の入りまでに少し時間があるので、以前から気になっていた大阪農林会館へ。
威圧的な風格かと思いきや、街に馴染んだ建物。
中は雑居ビルのように、いろいろなショップや事務所が入居している。特に美容院は多い。
ウォールズ・アンド・ブリッジや山口ストアーが目的だったけれど、どちらも定休日。
開いていたMaison Martin Margielaをブラリ。
黒のクラッチが気になったけれど、予算的に断念。
マルジェラはいつもそうだ。

近くのcomme des garconsにも立ち寄る。
買い物の予定はなかったけれど、デニムのサルエルパンツを購入。
以前来た時はなかったD&DEPARTMENTのコーナーが出来ていた。
聞けば今春改装したのだそうだ。


さて、そろそろ仕事に行かなきゃな時間。



いつもの阪急宝塚線からの眺めも大阪の景色。




昨年に引き続き、阪急うめだ本店でのMASH-UP storeを今年も開催することができた。
同じ階の同じ場所で、少しだけ使い勝手も覚え、少しだけ余裕を持って運営できたと思う。
(スタッフの数が少なかったので、設営と撤去は大変だったけれど)
百貨店のスタッフの方の顔ぶれが変わらず、そして僕たちのことを覚えてくれていた。
それはとても心強く嬉しかった。
さらに嬉しいのは、前回来店いただいたお客様がまた顔を出してくれたこと。
中には沖縄のお店に来ていただいた方もいれば、遠方からわざわざ飛行機で来店してくれた方もいらっしゃる。
店頭が混み合っていた時や、僕が不在の時に来てくださって挨拶が出来なかった方(あとでそう聞いて知ったことだけど)には、この場を借りてお礼を申し上げたいです。ありがとうございます。



*
大阪最終日。
阪急のショップだけでなく、商談やもろもろの仕事をこなしあっという間に5日目、ショップは1週間の期間だけれど沖縄のお店を閉めっぱなしにするわけもいかず、一足早く沖縄に戻ります。
昼過ぎの便なので、午前の開館時間にあわせて国立国際美術館へ。
東京展を見逃がし、今回の大阪でどうしても観たいと思っていたアンドレアス・グルスキー展に行ってきました。
ダイナミックな表現に生命の営みや、それとは無関係にある世界の非情さも感じさせるような作品群。
作品の多くは社会的批判を内包しながら、ミニマルな構図、美しい色彩で印象的に迫ってくるのだった。



美術館を出て中之島を川沿いに歩いていくと、バラ園やカフェの連なる一帯を発見。
週末だからかピクニックしている人も多かった。
ビールでもしたいけれど今日は時間が無い。
次大阪に来た時はここでのんびりしたいなぁなんてブツブツ言いながら素通り。

ランチは中崎町にあるcafe muniさん。
路地裏の隠れ家的存在だ。知人の繋がりもあり以前から来てみたかったお店。
友達の家に来たようなアットホームな雰囲気でくつろげる。
ランチの後の飲み物は沖縄の陶器のカップで。実はmiyagiyaの器も多数使っていただいている。
ほっこりするという言葉がぴったりの雰囲気。



中崎町は初めてだったけれど、小さなショップが点在してなかなか面白かった。


さて、関西国際空港から沖縄へ帰ります。
出発が遅れていたこともあって滞在中食べることができなかった、たこ焼きとビールのセットで大阪フードを締めくくります。

5日とはいえ、あっという間の大阪滞在。
仕事はきつかったけれど、グルスキー展も見れたし、中之島も散歩できたので満足。




PS
大阪で友人にもらったベルリン土産。
ベルリンの信号のキャラクター。
なんと栓抜きになっていた。
これからの旅のお供に決定。





2014.04.19 Saturday 

no.160 OPEN! MASH-UP store in 阪急うめだ本店(2014/4/23 - 4/29)



沖縄は、この数日で一気に夏仕様だ。
毎日25度を超える気温。
気付くと4月も中旬を過ぎ、残すところ10日程。
きっとあっという間に夏本番になりそうだ。

昨年、大阪で期間限定でショップをオープンしてから8ヶ月。
今年も来週4/23(水)より1週間期間限定で大阪に行きます。

沖縄の店舗の延長にあるこのMASH-UP storeは、商品だけでなく
沖縄の店舗の空気感みたいなものもお伝えしたい。
おだやかに過ぎていく時間や風のにおいさえも伝えたい。

miyagiya-bluespotは陶器や服が中心の品揃えですが、生活を楽しく過ごせる
エッセンスのようなものを散りばめて店作りをしています。
それらは商品のこともありますが、漂う雰囲気のようなものでもあったりします。
もしかしたら、商売としてはそんなに大切ではないことかもしれない。
それでも、オープン以来、そんな空気みたいなものを大切にしてきました。
物が多く溢れる時代の中で、自分らしく生活を豊かに楽しく過ごすには、
物を揃えるだけでなくて、居心地や優しさのような事がとてもとても
重要と思うからです。

『 日々の生活を豊かに、ワクワク、ドキドキするものに 』
そんな思いで作っているmiyagiya-bluespotが
来週からいよいよ大阪、阪急うめだ本店にオープンします。


***

miyagiya-bluespot MASH-UP store in 阪急うめだ本店 

DATE:2014年4月23日(水)-4月29日(火・祝)
営業時間は阪急うめだ本店に準じます。
(最終日のみ午後5時終了)

PLACE:阪急うめだ本店 10階「うめだスーク」中央街区
大阪府大阪市北区角田町8番7号 tel:06-6361-1381

「ジェンダレスな生活」をコンセプトに沖縄からライフスタイルを発信する
エディトリアルショップmiyagiya-bluespotが、その世界観を拡大し、
阪急うめだ本店にて期間限定のマッシュアップストアをオープンいたします。

昨年に続き二回目となる阪急うめだ本店でのマッシュアップストアでは、
沖縄やソウル、東京に加え、台北を拠点に活動するクリエイターの作品を中心にご紹介します。

miyagiya-bluespotの世界観で編集したワクワク・ドキドキするアイテム達。
どうぞご期待ください。

FACEBOOK event page
ぜひ「参加」してください
https://www.facebook.com/events/262453657267885/

 






2014.04.18 Friday 

no.159 MASH-UP store - CALEND OKINAWA



*
CALEND OKINAWAさんで連載しているコラム、今月は大阪で始まるイベントの内容を
チラッとご紹介しています。

どうぞご覧ください。

MASH-UP store - CALEND OKINAWA
http://calend-okinawa.com/interior/miyagiya/mash-up-store201404.html

過去の記事はこちらから。
ESSENCE OF MODE / CALEND OKINAWA




<< | 3/10PAGES | >>

Real shop


2-12-22 matsuo naha okinawa
t 098-869-1426
o 11:00-20:00
closed on wednesday
We are select shop that has proposed a pottery and household goods from Okinawa JAPAN.

Onlineshop


miyagiya onlineshop
沖縄から発信する器や
生活のいろいろ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

writer

search this site.

selected entries

recent comment

archives

categories

others

mobile

qrcode